FAST(民間救急講習団体)TOP > 市民救命士講習受講案内 > AEDの詳細説明と設置場所

AED(自動体外式除細動器)とは


*動画で心肺蘇生法を解説


*休日・夜間に診療できる
医療機関の案内


*AEDの詳細説明と設置場所


*専用メールフォーム

 

AED(自動体外式除細動器)とは電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる心臓電気ショックの器械です。

突然死の死因のほとんどは心臓疾患です。
それを心臓突然死といい、その大部分は心室細動という病気です。心室細動になると心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、助かるチャンスは1分経過するごとに約10%づつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に到ります。
この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は除細動(心臓への電気ショック)です。 そこで、早期の除細動ができるAEDの使用が必要となり、素早い除細動は社会復帰の鍵にもなります。

AEDを自宅、学校、職場、たくさんの人が集まる公共の施設など様々な場所に置き、AEDを使うことで、突然死を防ぐことができるのです。

AEDは除細動が必要かを判断し、救命の手順を音声にて指示します。AEDは除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています。 (文:日本光電ホームページより)

◆まちかど救急ステーション(AEDの設置場所)

神戸市では、「まちかど救急ステーション標章交付制度」を創設し、市民がまちなかで不慮の事故や急病で、呼吸、脈が停止する重篤な状態になった場合に、すぐ近くにある「まちかど救急ステーション」のAED(自動体外式除細動器)により、除細動(電気ショック)を行い、一人でも多くの命を救える体制を推進しています。

 まちかど救急ステーション標章交付制度

 まちかど救急ステーションの設置場所

PDFファイルの閲覧、ダウンロードにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のAdobe Readerリンクから入手してください。(無料)

▲ このページのトップへ 

TOP市民救命士講習受講案内AEDの詳細説明と設置場所お問い合わせメールフォーム

神戸市北消防団長尾支団


Copyright(C) 2009・神戸市北消防団長尾支団・応急手当普及指導部